読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Yoshi Nishikawa's Blog

データと知識、その調和平均。

Epidemiology and the Delivery of Health Care Services: Methods and Applications

医学 疫学 研究 臨床

ざっと読んだ。

PART1
1. An Epidemiologic Framework for the Delivery of Health Care Services
2. Measurement Issues in the Use of Epidemiologic Data
3. Descriptive Epidemiological Methods
4. Epidemiological Study Designs for Evaluating Health Services, Programs, and Systems
5. Screening and Surveillance for Promoting Population Health
6. Strategic Planning and Its Epidemiological Basis

PART2
7. The Role of Managerial Epidemiology in Infection Prevention and Control
8. Health Risks from the Environment: Challenges to Health Service Delivery
9. Delivering Health Care with Quality: Epidemiological Considerations
10. Advancing Patient Safety Through the Practice of Managerial Epidemiology

PART3
11. Epidemiology and the Public Policy Process
12. Ethics and Managerial Epidemiology Practice

前半は疫学の基礎的な話。読みたかったのは後半、医療の質評価の話。9章、10章あたり。9章のイントロ、拙訳を載せておく。

患者をケアするプロセスを評価するという考え方は、1968年にDonabedianによって提唱された「Quality of Care」に遡る。しかし、2001年の報告書「Crossing the Quality Chasm」で漸く国民の注目を集めた。それより10年ほど早く、組織戦略としての品質管理は関心を呼んだ(Counteら、1995、1992; Glandonら、1993)。(中略)医療へのアクセスは、避けることのできた入院など、他の疫学的測定項目とともに、「質の向上と健康寿命の延長」(USDHHS, 2000)という目標への進捗状況を測定するための指標の1つである。医療の提供における品質の追求は、民間・公共にかかわらず、品質管理という目標は、人口の健康を改善することを求める点で疫学の目標と平行している。この章では、品質を評価し、改善の機会を特定し、変化が組織の業績と健康成果に及ぼす影響を調べるための疫学的概念について説明する。