Yoshi Nishikawa's Blog

データと知識、その調和平均。

google mapを用いてある地点のシェープファイルを生成する

シェープファイル(Shapefile)とは

シェープファイルShapefile)とは、Esri 社の提唱したベクトル形式の業界標準フォーマットです。Esri 製品はもちろん、多くの GIS ソフトウェアで利用が可能です。シェープファイルは仕様が公開されています。シェープファイルの読み込み、書き込みに対応した独自のアプリケーションを開発されたい場合は仕様書をご参考下さい(Esri ジャパンより引用)。

www.esrij.com

googlemapからklmファイルを作成

f:id:yoshi_nishikawa:20161230171133p:plain

マイマップ→地図を作成

f:id:yoshi_nishikawa:20161230171621p:plain

追加したい地点(この場合は東京駅)を検索し、「地図に追加」。

f:id:yoshi_nishikawa:20161230171937p:plain

左上の...をクリックして「KLMにエクスポート」を選択。

これでklmファイルが作成できる。

klmファイルの読み込み

ArcGISのToolboxから、kml to layerにて読み込み可能。
あとは、そのレイヤーをエクスポートしてシェープファイルにて保存すればOK。